あれは確か去年の春だったでしょうか。

朝9時ごろ近所のMrMaxへ食材を買いに行ったときのことです。

 

 

(南区那の川と博多区美野島の境目)

 

よく変態に絡まれる横断歩道を渡っていたら、

僕の右斜め前にド派手なオレンジ色のパーカーを着た

(MrMaxのオレンジ色と同じ)

19か20歳くらいの男の子が歩いていて

 

「あんたMrMaxが似合うねぇ〜」

「君こそミスターMax君だね」(心の声)

 

とかしょーもないことを考えつつ

彼の後ろを歩きながら店内へ。

 

買い物を済ませて

横断歩道を渡ってると

さっきのミスターMax君が

また僕の右斜め前を歩いていたのです。

いつもは「あ、さっきの人だ!」とか

いちいち気にしませんけど、

そりゃまぁド派手なオレンジなんで

こっちもすぐ気付きますよ。

 

 

そんなこんなで

僕の人生に全く関係ない&どーでもいい

ミスターMax君の存在を強く印象づけられて帰宅。

 

 

(中央区天神)

 

朝飯を食べてちょっと作業して

13時ぐらいにパルコに納品へ。

 

ついでに

昼飯でも食いに行こうと

この横断歩道を渡ってたら

 

 

あら??

 

まさかの僕の右斜め前をミスターMax君が歩いていたのです。

 

なんでじゃ〜!!!

 

 

出たよシンクロ。。。

 

せっかく忘れてたのに。

 

 

 

それからというもの

僕はMrMaxに行くたびに

ミスターMax君を思い出し、

パルコ横交差点を通るたびに

ミスターMax君を思い出すのです。

 

 

思い出したいわけでもないのに。

 

 

恐るべしショッキングオレンジ。

 

 

てか、

ミスターMax君とか

記憶を呼び起こしやすい

あだ名をつけた僕の自業自得なんですが。。

 

 

僕の経験上

心に強く印象付けられた言葉やイメージが

シンクロニシティを引き起こす原因ではないかと

考えています。

 

ってことは

ミスターMax君は

僕の心が作り出した幻影なのでしょうか??

 

 

なんですかね〜〜〜この世界は。。。

 

 

にしても交差点には何かありますね。

 

 

 

デハマタ。