僕の夢は宇宙の秘密を探りすぎて

黒い服着た闇組織に追われて捕まり、

 

「どうやら君は知りすぎてしまったようだな」

「このまま君を帰すわけにはいかんのだよ」

「普通なら死んでもらうところだが我々は君の才能を高く評価しているんだ」

「我々と共に働いてもらおう」

 

「はい、覚悟の上です」

 

という流れで裏組織に雇われ、

地球産のUFOに乗って過去や未来にタイムトラベルして

裏工作しちゃったり、別次元やらパラレルワールドやら

地底やら行きまくっちゃったりして異次元の存在と遭遇するような

Xファイルのモルダー捜査官のパワーアップ版みたいな人生を送ること

 

ってぐらい不思議大好き人間なのですが

(モノづくり全然かすってない)

UFOの目撃情報があったところで全く興奮しなくなった

のは僕だけでしょうか。

もしかしたら何者かの手によって

そういう心理操作が行われてたりして?

 

ファッションでもアートでもその他物事の興味が薄れる時って

だいたいきまってそれらがマス層に落ちてしまった時なのですが

UFOも同じようにそれが言えるのかもしれません。

にしても

最近はセレブな雑誌なんかにストリートアートが特集されてたりして

 

「あ〜、アート?」

「ふ〜ん」

「オサレなんすね〜」

「で?」

 

って感じです。

 

 

「あ〜、UFO?」

「ふ〜ん」

「最近よく飛んでるね〜」

「で?」

 

みたいな。

 

もうそろそろ頃合いですかね〜〜。

 

正体がまだわかってもないのにUFOはもう古いような節目感。

 

最近流行りのアートやイラストがどれもこれも同じにしか見えない潮時感。

 

あんなにスケボーが好きだったのにやたら上手い動画を観ると逆に萎える

というかむしろ腹がたつイライラ感。

 

 

こう思ってるのは

たぶん僕だけじゃないと思います。

 

 

表現が難しいですが

これからはもっと踏み込んだ真理、真実、物事のコアな部分、

本質は何なのかを僕らは求めているのかもしれません。

ウソくさくないやつ。

 

 

 

 

 

デハマタ。